スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブリ美術館 

夏休み4日目の昨日。
長引く梅雨の、嫌がらせのような雨の中
電車を乗り継ぎ子供を連れて「ジブリ美術館」に行ってきた。
 ※ ※ ※

(写真はクリックで大きくなります。)

ジブリ美術館へは三鷹駅よりも吉祥寺駅の方が近いとは聞いていたのだが、なにせ雨だし子供もいるしということで今回は三鷹駅からコミュニティバスに乗った。
子供たちは車体にキャラクターの描かれたバスに乗るのを楽しみにしていたのだけど、残念!!ちょうど列の数人前で満員になってしまって乗れず。
ま、その代わり座れたのでいいんだけど。

20060725135317.jpg
これが乗りたかったバス。右下に写ってるのは子供たちの恨めしそうな後頭部。

私たちは12時からのチケットだったのだが、天気も悪いということで時間より前でも入場できた。
入り口が見えただけで、すでにワクワクした気分に。

20060725135338.jpg

入ってみると、館内はごちゃごちゃと込み入った構造で
キャッチフレーズ通り本当に迷子になりそう。
時間的にまずお昼をと思っても、カフェの場所が全く分からず即座にインフォメーションのお姉さんに聞く始末。
結局カフェには長蛇の列が出来ていてとても待つ気にはなれず、テイクアウトの店で買ってテラスのテーブルでお昼に。
お天気だったら井の頭公園の緑が気持ちいいんだろうなぁ、というテラスからの眺め。
でも、雨に煙る緑というのもなかなか乙だった。
湿度がすごかったし、お友達は蚊に食われちゃって気の毒だったけど。

お腹もいっぱいになり、いよいよ散策。
子供たちはなんと言っても一番楽しみにしていた「ネコバス」に乗れてご満悦。
あれはかわいい!大人だって、いいよって言われたら乗りたいもの!
屋上へ出てみるとこんなのが立っていた。

20060725135408.jpg


20060725135355.jpg

館内には映像に関する展示や、アニメ作りの過程を垣間見られる部屋なんかがあるのだけど
それ以外にも中央のホールに橋が架かっていたり、閉所恐怖症の人には到底無理そうな狭い螺旋階段があったり(私たちはそこを2回も登ってしまった。)とても背の低い通路や行き止まりの小部屋があったりしてなんとも楽しい。
しかも細部にまで工夫が凝らされていて、何気ない照明の傘や、窓の飾り、下がり壁の透かしや橋の欄干にガラス球が入っていたりとひとつひとつがなんとも可愛らしい。
トイレのドアノブさえエメラルドのような色合いのガラス(プラスチック?)で出来ていたりするのだ。
そういうところをのんびりと見て歩くだけでも十分楽しめる。
ただ、昨日は夏休みということもあってすごく混んでいた。
もう少し人の少ない時にゆっくり見られたらなぁと思う。
デートとかで来たら、楽しそう!

さて、今回の目的は何と言っても上映中の映画「星をかった日」。
ストーリーは、たった16分の映画なのでなんともつかみどころがないのだけど、その分見た人に考えさせる余白があって素敵だった。
(現に、隣のご婦人は泣いてらっしゃた。何か感ずるところがあったのでしょうねぇ。)
全体にフワッとした雰囲気の物語の中で
(主演の2人が神木くんと鈴木京香だもの。声だけでもフワッって感じじゃない?)
大泉洋演じる「メーキンソー」というカエルがもう、ものすごくいいアクセントになっていた。
私は声優大泉洋の仕事の中で、今回初めて「うまいっ!」と思ったもの。
(ちなみにまだキ・キーマは拝見しておりません。)
声の存在感というのかな、それはもともとある人だと思うんだけど
その存在感とアニメの「絵」が違和感なく融合してた、という印象。
大泉洋と知ってて見ててもちゃんと「メーキンソー」にしか見えないというかな、とにかく今までに出演作品にあったような不自然さ(というか、おおー洋ちゃんだー、ふふふ~みたいな感触)は全く感じなかった。
そう、“プロ”の声優さんに1歩近づいたのかもね。
「星をかった日」を見たことで、今後の声優大泉洋にちょっと期待を抱いてしまった。

そんなわけですっかり「メーキンソー」に心を奪われてしまい(笑)
(そもそもカエル好きだしね。)
最後はショップでお土産を購入。
当然「ママだけずるい」と子供たちからの突き上げにあい、
3点お買い上げ。

20060725135431.jpg
手前、麦わら帽子のカエルがメーキンソー。

今回、2人のお友達が一緒に行ってくれたのだけど、2人ともほんとに子供の面倒を見るのが上手で大助かりだった。
そもそも、「星をかった日」の上映が7月いっぱいだというのを思い出したのが7月になってから。
チケットの販売状況を見ると、すでに土日は完売。
でも、平日に子供2人を連れて行くのはとても大変なのが目に見えていたので、一旦は諦めようかと思ったけれどどうしても心残りで。
そこへお2人が同行してくれることになって、私も子供たちも安心して楽しむことができ、メーキンソーにも滑り込みで会うことができた。
ほんとにほんとに感謝してます、この場を借りてお礼を。
どうもありがとね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://johndolgo.blog52.fc2.com/tb.php/103-37d682b8

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 続・心ノ琴線ニ触レルモノドモ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。