スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン大会 

今日は娘の学校のマラソン大会でした。
 ※ ※ ※

1年から6年まで、男女別に学年に応じた距離を走るこの大会。
学校では大体どこでも冬になると行われると思います。

娘の学校は特にマラソンに力を入れていて、
冬以外でも常に子供たちが「マラソンコース」と言われる校内のコースを走っています。
1ヶ月で25周走ると銀賞、45周走ると金賞、75周走るとミラクル賞。
用事があって学校へ行くと、大抵誰かは走っています。
朝や休み時間、放課後を利用して子供たちは競い合うように走っているんです。

・・・考えられない。
私がもしこの学校に入ったら、きっとたちまち不登校になるか転校してたと思うもの。
マラソンなんて、大嫌い!

娘は、幸いにも私の運動神経の悪さは受け継がなかったようで
それなりに頑張っています。
でも彼女はどっちかと言うと短距離が得意。
50m走ではクラス1位の記録を出しても、マラソンでは真ん中くらいの順位。
それでも、自分なりに目標を持って走っているようで
偉いなぁ・・・と我が子ながら感心させられます。

今日も、トラック2周とマラソンコース1周(全部で700m弱)を必死に走る彼女の姿を見て
私も思わず声を枯らす勢いで応援しちゃいました。
さらに娘だけでなく、
他の1年生の走る姿にも思わず目頭が熱くなりました。
何せ1クラスだし、2学期は毎日のように学校に行っていたので
ほとんどの子供を知っているのです。
自分の前を通り過ぎるたび、名前を読んで声援を送らずにはいられません。
みんな、一生懸命走ってる。
ほんの9ヶ月前まで幼稚園生だった彼らが、しっかりと700mもの距離を走り切る。
それだけでね、とっても感動的でした。
年取ると、ほんと涙腺がゆるくて困るわ。

最終的に6年生になると、マラソンコースを6周、距離にして2.5キロほどを走るようです。
これから私は毎年のようにマラソン大会を応援するでしょう。
そして、声を枯らすんだ、きっと。
スポンサーサイト

コメント

マラソン

 子供が一生懸命にやってる姿って本当に胸がジーンとしてしまいますよね。

 私も長男が低学年のころには家の前の道路がマラソンコースだったので応援してました。みんな一生懸命でかわいかったなー。

 いやー、あのころはよかったー。(しみじみ)

そうなんですよ、何でしょうねぇあの気持ちは。

ただ走ってるだけなのに、もうもう泣けちゃって泣けちゃって。

そうですよね、今が一番いい時期なのかも知れませんね・・・。
  • [2006/12/05 00:26]
  • URL |
  • ミヅチ>おばちゃんさま
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://johndolgo.blog52.fc2.com/tb.php/219-2ef9b936

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 続・心ノ琴線ニ触レルモノドモ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。