スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空白の一週間 

気付けば前回書いたのはもう1週間近く前!
時間の経過の早さにただただ驚いてしまう。
夏休み前のバタバタと過ぎた日々を
記録しておかなくちゃ。
 ※ ※ ※

18日水曜日。いつものように幼稚園に行き、夕方サッカーにも行って元気だった息子。
その彼が19日朝、突然の発熱。
1学期中、ずっと休むことなく通ってきた幼稚園を
夏休み目前になってとうとうお休みすることに。
とにかく気持ち悪いとグッタリする息子を連れて、近所の小児科へ。
「風邪でしょう。」ということで薬をもらい帰宅。
午後にはかなり回復するものの、熱は下がらない。

20日。終業式。
息子は1学期最後の日もお休み。
娘は元気一杯、通知表をもらって帰ってくる。
各教科ごとにいくつかの達成目標について3段階で評価されていて、
そのほとんどで1番高い評価をもらってきた。
良く頑張ったね!
2年生の1学期は、とにかく新出漢字の数が多くてみんな苦労していたけど
毎日一生懸命練習して覚えてたもんね。えらい、えらい!
この日も息子の熱はスッキリとは下がらず、翌日にキャンプを控えて不安は募る。

21日。夏休み1日目。
いよいよキャンプの日。この日に向けて、私はキャンプブログを立ち上げたり、一切持ってないアウトドアグッズを買い揃えたりと着々と準備をしてきたのだ。
友達に会うのも久しぶりだし、こんな大がかりなイベントは初めてだったのでとにかく楽しみにしていた。
しかし。やはりこの日の朝も息子の熱は下がらない・・・。
悲しいけれど、子供にこういったハプニングはつきもの。
今回は参加を見送ろうと思ったら、娘が号泣。
行きたい、行きたいと大泣きする。
正直、私自身もすっかり荷作りの済んだ荷物をまたそのままほどくことに残念さを隠しきれない。
すると、夫がおれが息子と留守番してるから行ってくれば、と言ってくれた!!
なんて優しいの。パパ、大好き。
ところが、今度が息子が号泣。そりゃそうだ、彼だってキャンプを楽しみにしてたんだもの。
でも、私が「もし今回パパとお留守番していてくれたら怪獣一個買ってもいいよ。」と提案すると、あっさりと合意。
笑顔で見送ってくれた。

そんなわけで、今回は娘と二人でキャンプへ出発。
2時間半ほど高速をひた走り、山合いのキャンプ場へ。
行ってみると霧雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気だったのだが、
それほど暑くもなく寒くもなく、また蚊もいなくて過ごしやすい気候だった。
そんなキャンプ場で夕方から深夜まで、BBQをして、子供たちは花火に興じ、場内にある露天風呂にも入り、子供が寝た後は大いに飲んで語って楽しいひと時を過ごしたのだった。
今までの人生、完全なインドア派として過ごしてきた私も
自然の中で過ごす魅力を少し感じることができた。
アウトドア派のみなさんの気持ちがちょっと分かった気がする。(笑)

翌22日。
朝から昨夜の残りの食材で豪華な朝食を取り、みんなで後片付けをして帰路に着く。
友達がカブトムシとクワガタの入った虫かごをくれたので
息子へのお土産としてありがたく貰って帰る。
家に着いて、かごから出してみると
なんとオスのカブトムシが3匹にクワガタが大小さまざま7匹ほど入ってた!!
もう息子は大喜びで大興奮。
ようやく熱も下がったようで、楽しそうに虫たちと戯れていた。

思えばこの1週間、ずっと息子の熱とキャンプ場の天気ばかり心配していた。
結局息子はキャンプに行けなかったけど、もし来年もこういう機会があったら今度こそみんなで行きたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://johndolgo.blog52.fc2.com/tb.php/413-04e57d2f

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 続・心ノ琴線ニ触レルモノドモ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。