スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見守るしかない 

どうでしょう原付企画の一番の魅力。
私は、大泉洋と藤村Dの掛け合いだと思う。

かたや延々とバイクに乗せられ、疲れきった男。
かたやロケ車の後部座席に、地図を見ながら座り続けている男。

その二人が織りなす、慇懃無礼なののしり合いがたまらなく面白い。

特に、「原付西日本」は最高だ。
 ※ ※ ※

鳴き砂を見つけて大喜びする男たち。
夜桜に歓声を上げ、大食い対決し、
関門海峡を歩いて渡る。
高崎のだるまにお見合いをさせ、鬼の洗濯岩でパンツを洗い
最後はやっぱりフェリーでズルする。

原付西日本は、本当に見所の多い面白い企画だった。

だからこそ、今回のことでこの企画がこの先永遠に人目に触れなくなるというのは言葉にできないくらい残念だ。
ただ、常識のある大人として、それがどうしようもないことだということも嫌になるくらいに良く分かる。

そもそもどうでしょうは、ディレクターが綿密に下調べしないからこそ起こるハプニングが番組の大きな魅力のひとつだった。
でも、今回はそのアバウトさが裏目に出てしまったわけだ。
これからは、今よりは少し、気をつけなければいけないのだろう。
ミスは反省し、改めるしかないもの・・・。

ただ。
私自身の気持ちは何も変わらない。
私は「一生どうでしょうする」と決めて、これからもそれは変わらない。
というより、どうでしょうのない人生なんてもう、想像もつかない。

だとすれば、後は簡単だ。
私はただ、なりゆきを静かに見守るだけ。
見守るしかないんだから!

 *

明日から、秋田は象潟へ行ってきます。
綺麗な夕日が見られるといいな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://johndolgo.blog52.fc2.com/tb.php/423-aa2d7e29

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 続・心ノ琴線ニ触レルモノドモ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。