スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文句なんかないよ 

台風が近づく中、どうでしょうD陣による「本日の日記」の本を受け取りに行ってきた。

今日のどうでしょうの日記を読むと、
藤村さんはずいぶんと「つまらんかった。金返せ」って言われるのを警戒してるようだけど・・・。

そんなこと言うわけないじゃん。
分かってるくせに。(笑)

少なくとも私は言わないよ~。

(以下多少ネタバレアリの感想)
 ※ ※ ※

「ベトナム」という企画は、どうでしょうを愛する者にとってはどうしたって特別な思いを感じてしまう企画だと思う。
その「ベトナム」の旅に出る直前から始まる今回の日記本。
読み進めれば、涙腺はひとりでにゆるむ。

私がどうでしょうのHPに足しげく通うようになったのは
2003年の秋以降だから、
今回の内容は初見の日記ばかり。
(ウラは読んでるけど)
番組最終回の前後の日記はウラにまとめられてるから、何度かは読んでいたけど
それでも順を追って読んでいくといい!とても。
臨場感と、そこはかとない寂しさを同時に感じつつ
それでも変わらず綴られていく日記に
「ほんとにどうでしょうは続いてるんだな・・・」と徐々に安心感が大きくなっていく。
多分、当時リアルタイムでHPを見ていた人たちが感じたであろう気持ちの変化を
私もこの本を読みながら体験することができた。
どうしてもっと早く、どうでしょうの面白さに気付かなかったのか?と
今でもかなり悔やんでるんだけど
(実際にどうでしょうを知ったのは2002年の8月ぐらいだったのに、はまり出すまでに1年位掛かっちゃったのよね・・・。)
こうやって番組終了当時の状況を追体験できれば
まぁ、いいかって思える。

またまたすごい本を作っちゃったね、D陣は。

今日はまだ、2002年末までしか読んでないが、
それにしてもとても読みやすい本だ。
多分、第3者がセレクトしたというのも良かったのだろうし
余計なことがほとんど書かれてないのも
(嬉野さんには気の毒だけど)やっぱり正解だったかも。
実は、私は今でもどうでしょうの日記にたまに登場する
嬉野さんのながーい日記がちょっと苦手だ。
うれしーの文章自体は嫌いではないけど、
長くなると読みにくく感じることがある。
藤村さんのは、すごくリズミカルだし一文が割と短いので
かなり読みやすいんだけど。
今回、本になった日記にも長いものもあるけど
「本」の「ページ」になった時点で気にならなくなった。
構成なんかが工夫されてるせいかもしれない。

あと、本にカバーがなかったのが気に入ってる。
あの本のカバーね、あれがあると読みにくくて嫌なの。
取っちゃえばいいんだけど、失くしたらいやだし
結局本につけておくのが一番いいから我慢して読みにくくても付けて読むことになる。
日記本はカバーなしなのに、さわり心地のいい表紙ですごくいい。
それも読みやすかった要因のひとつかも。

ベトナムまでは、番組を見れば分かる。
2003年の冬ごろからは、ずっとHPを見てるから覚えてる。
でも、その間、番組終了からHPに出会うまでの私の知らないどうでしょうを
この日記本は教えてくれた。

ありがとう。
次も楽しみにしてます。



スポンサーサイト

コメント

 台風直撃、大丈夫でしょうか?

 自分の位置の西側を通過する台風は、マジ怖いですから(体験済み)。

 私はまだ取りに言ってないんですよね、日記本。

今日行けるかな、楽しみにしていよう。


 では、くれぐれもお気をつけて。

ご心配くださってありがとうございます。

午前9時現在、いまだ暴風雨は続いており
子供たちも登校、登園できずに自宅待機中ですが
特に被害はありません。大丈夫です!

日記本、なかなか楽しいです。
どうぞお楽しみに♪
  • [2007/09/07 09:08]
  • URL |
  • ミヅチ>おばちゃんさま
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://johndolgo.blog52.fc2.com/tb.php/445-4fa7d760

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 続・心ノ琴線ニ触レルモノドモ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。