スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワードは竹下景子 

私が最近はまっているふたつのドラマ。

共通点は「毎日やってる」ことと「竹下景子」が出てること。

以下、今日放送分のネタバレありです。
 ※ ※ ※

一つ目はNHKの連続テレビ小説。
・・・おっと、ここまで書いて気付いたぞ。正確なタイトルが分からない。(笑)

分からないけど、好きなの。毎日、見てるの。

私がNHKの連ドラを見るときって、途中から見始めることが多い。
スタート時は全く見る気が起きない。
でも、GWとかお盆とか正月とかで実家に帰るでしょ?
そうすると、実家では母と祖母が欠かさず見てるのね。
で、私も朝ごはん食べながら何となく一緒に見るわけ。
すると当然、続きが気になるじゃない?で、家に帰ってきてからも見続ける、ということになるんです。

今までにもそういうパターンで須藤理沙の大工さんのやつとか、馬のジョンコのやつとか、和菓子職人になる話(あれって、竹内結子だっけ?)とか途中から見たなぁ。
今回もまさにそれで、GWに見始めたら気になっちゃって。
それ以降毎日見ております。

ただねぇ、このドラマ、時代的にこれから戦争へと入っていくのよね。
見ていて切ないシーンがどうしたって多くなるので、戦争のお話は好きじゃないです。
避けて通れないとは分かっているけれど。
だから、今のところはまって見てるけど、これからどうなるか微妙。
あ、ちなみに「竹下景子」さんは、主人公のお母さんなんだけどもうずっと昔に亡くなっていて、
ナレーションとして出てくるのよね。
落ち着いた柔らかな声が、朝の耳に心地よいのです。

もう一つはお昼の連ドラね。
「吾輩は主婦である」。
最初はいろんな意味で厳しいかな?(笑)と思ったけれど
ところがどっこい見れば見るほどはまっていって、
今じゃ毎日1時になるのを楽しみにしてるもんね。
今日なんて、みどりが漱石からみどりに戻り子供たちと抱き合うシーンで、感動のあまり普通に泣いてしまいました、私。
あの設定で、あの雰囲気でよ?まさか泣くとは思わなかったわ・・・。
すごいよねぇ。
ほんとバカバカしいんだけど、ほろりとさせられちゃった。
脚本家の力量を感じます。
みどりに漱石が乗り移ってからだって、一体どうやってこのむちゃくちゃな状態を正当化するのかと思ってたわけ。
そしたら、漱石がこう言い出した。
「主婦の目線から小説を書くから、吾輩を立派な主婦に育ててくれ。」と。
うまいこと考えるな~ってほんと感心しちゃった。
こっちのドラマではね、「竹下景子」さんはみっちーのお母さん。
つまり主人公みどりのお姑さんの役。
これがまた、はじけてていいの!
しかし、はじけてはいるけれどやはりベテランの貫禄っていうのかな?
ドラマをグッと引き締めてる感じはする。
常にふざけた態度なんだけど、憎めないしものすごい存在感。
さすがです。

こんな感じで、最近の私は1日に2回も竹下景子を見ちゃう!
何だかね。

さて、最後に余談。
実は、このふたつのドラマにはまってる人が身近にもいてね。
ひとりは朝ドラの「達彦さん」に、
もうひとりは昼ドラの「ひろし」に夢中なのね。
その様子を毎日見てると、不思議な現象が起きる。
私の「達彦さん」と「ひろし」を見る目線が
そのふたりの目線にシンクロするんです!
これは自分でも驚いたし、面白い体験だったな~。
「あー、今この姿見たら、(あの人は)きっとカッコいい~って言ってるんだろうな。」と思うと私にまでカッコよく見えてきちゃうのよね。
事実、最初は何とも思わなかった「達彦さん」のことが最近かなり気になるし
やすこに蹴られる「ひろし」も、素敵に見えないこともない。(笑)
(いや、もともとレッドは嫌いじゃないし。)

しばらくは、楽しいドラマ鑑賞の日々が続くことでしょう。



スポンサーサイト

コメント

>戦争のお話は好きじゃないです
わたしも苦手です。
やりたいことがだんだん出来なくなっていく。
男性は戦場で亡くなり、残った女性や子どもは空襲に遭う。
60年前の現実はあまりにも重いです。

竹下景子さんはもともと好きな女優さんだったのですが、
食わず嫌いで、ケーキを食べて「美味しい!」と言った大泉さんに
「なんか美味しそう。大泉さんがおっしゃると」と言ってるのを見て
ますます好きになりました。
俳優として後輩の人にも、きちんとした言葉を使うんだなあ~素敵♪とおもいました。

竹下景子さん、そういえば食わず嫌いのお相手でしたね。

あの時のケーキ、いただいたんですよね。
あれ、ほんとおいしかった!
あの時はご馳走様でした♪
  • [2006/06/04 23:25]
  • URL |
  • ミヅチ>カラーさま
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

全く同じです。

おひさしぶりです。
以前「つる@大阪」とう名前で「伊佐大泉」という焼酎について、書き込みさせていただいたものです。
今日、再びコメントさせていただいたのは、私が最近はまってるドラマとミヅチさんが見てるドラマが全く同じだったからです。
朝ドラの題名は「純情きらり」ですね。
ちなみに私も「達彦さん」に釘付けです(笑)
昼ドラは単純にクドカン作品ということで見始めたんだけど、面白いですね~
あと、斉藤由貴ってこんなに芸達者だったっけ?とびっくりしてます。

どちらも会社から帰ったら録画してるやつを見る、という「今日のご褒美」化してます。

録画してるよー

まいんち、っていうのは結構な量があるんだね。
視聴が追いつかないよ^^;

だんだん面白くなってきたね。
竹下景子、上手いねー。
品があるね、この人。
すっとばけたことやっても可愛げがある、っつーか。
それと
ミッチーのダンスがキレがあって素晴らしい。
おいらはあの小学生の男の子がなんか気になるねー。

お久しぶりです!!
焼酎の時にコメントくださった方ですね。
覚えております!

同じドラマにはまってらっしゃるなんて、なんだか嬉しいですね。(笑)
毎日新しいものが見られるというのは、作り手は大変でしょうが見る側はモチベーションが下がらず楽しいです。
  • [2006/06/05 17:32]
  • URL |
  • ミヅチ>つるえみさま
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

確かに毎日ってのは見るのが大変よね。
私はリアルタイムで見られるからいいけど、録画派の方は溜まるかもね~。

今回のみっちー、まったくカッコよく見えないところが最高!
しかし、斉藤由貴と竹下景子と池津祥子の3女優に囲まれて
存在感はいまいちかな。(笑)
(というか、3人が強烈過ぎるもの。)
  • [2006/06/05 17:35]
  • URL |
  • ミヅチ>けい@とちぎさま
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

はっ!こんな半分私のためのような素敵記事を見落としておりましたっ
というわけで今さらながらにコメントです^^;

和菓子職人になるのは「あすか」ですね。
そして竹内結子さんです。藤木直人がヒーローでした。
私もこれはまってたんです。ふふふ

そして「目線がシンクロ現象」とな!
嬉しいですぞ~。
気にしてくれてますか、達彦さんを!うふふ
実は私もこれを最近体験しまして、すごくよく分かりますよー。
友人がある芸人さんが好きで「今出てるよー」とか教えてあげたりして、
ちょくちょく気にしてたら気になりはじめてしまって(笑)
この体験はおもしろいですよねー。
とても不思議な気分!

※ある芸人さん
劇団ひとりなんですけど・・・
斉藤先生にも少なからずときめいてたんですが、
達彦さんの出現でもうすっかり霞んでしまって・・・その程度です(笑)

今週は達彦さんの葛藤と切なさにキュンキュンでため息ものです。
そして今までが明るいだけに今後戦争が絡んでくることを思うと辛いですが見続けますよぉー

わ!長々すみませんでした・・・

わぁ、ルンちゃん!
コメントいっぱいありがとう~。

そうそう、和菓子は「あすか」ね。
そう言えば藤木直人も出てたねぇ。
あと1人女の子と取り合うんじゃなかったけ?

「純情きらり」はね(やっと名前を覚えた!)もう完全にルンちゃん目線で見てるね。
自分でも面白くなっちゃう!

でも最近2人がすれ違っちゃってね。
何だか切ないわ。
でも、達彦さんが切ない顔してると、「ああ、ルンちゃん喜んでるな、こりゃ。」って思うわけ。(笑)
あのまま2人は分かれちゃうのかしら?
達彦さんの出番が減っちゃったら、淋しいねぇ・・・。
  • [2006/06/09 10:21]
  • URL |
  • ミヅチ>ルンルンさま
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://johndolgo.blog52.fc2.com/tb.php/55-ee871011

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 続・心ノ琴線ニ触レルモノドモ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。