スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4年後用メモ 

W杯真っ盛りです。

サッカー好きの夫は、毎晩10時から試合を見ています。
どの国の試合でも一生懸命見ている夫は、本当にサッカーが好きなんだなぁと感心します。

私は、夫と付き合い始めるまではサッカーのことは全然分かりませんでした。
小学校高学年の頃には「キャプテン翼」が流行ったし、弟も小学校と高校でサッカー部だったので
(なぜか中学はバスケ部だった。)
サッカー自体は身近なものでしたが、ま、興味がなかったんですね。

興味を持ち始めたきっかけは、ものすごく単純です。
「好きな人(夫ね。)が好きなものだから。」
もう、恥ずかしくなるくらい簡単な、乙女な理由。

でもきっかけはともかく、本格的にサッカーを見始めて15年。
最初はボールばかりを目で追って何が何だか良く分からなかったけど、今ではそれなりになったかな?と思っています。

そんな私が見る、今回の日本の試合。
どんな風に見たか記録しておきましょう。

で、4年後読み返すんだ~。(笑)
 ※ ※ ※

まず、基本要素。
私たち夫婦は、ジーコジャパンをそれほど真剣には応援していない。

理由① ジーコが嫌いだから。
むかーしのJリーグの試合で、これから相手チームが蹴るっていうボールにつばを吐いたジーコ。現役の時、どんなにいい選手だったかなんて、サッカー観戦暦15年の私には分からないし。
この4年間の選手の選び方も好きじゃない。
夫なんかずっと、監督交代を望み続けていた。

理由② エスパルスの選手が出ていないから。
「まず、エスパルスありき」だもん。そういう見方は問題あるかしら?
でも事実。
過去2回のW杯の時には、エスパの選手が少しは出てた。それだけでもう、すごくドキドキして盛り上がっちゃう。
4年前なんか、私はちょうど息子を妊娠中で臨月だったんだけど、ロシア戦で興奮しすぎてお腹が張っちゃって、張っちゃって。
このまま生まれたらどうしようかと思っちゃった。

こんな感じで、割と落ち着いたテンションで観戦したわけだが。

■第1戦 対オーストラリア
オーストラリアってそんなにサッカーが上手いとは思わなかった。
確かに体は大きかったけど、シュートは枠に行ってなかったし、特に前半は「勝てる相手だな」と思った。
でも、あの「暑さ」と「監督の采配ミス」にやられたね。
負け方が最悪。試合後、なんかすごく恥ずかしかった。
世界に、特に韓国とか中国に対してみっともない気がした。
勝てる試合を落とした、という印象が強く残った。

そして試合後。
思いのほか落ち込んじゃって・・・自分でもびっくり。
ジーコは嫌いとか、今の代表はそんなに応援してないとか口では言ってたけど、実は結構期待してた自分に気付く。
その後数日間は家事がはかどらないったらなかった。

で、昨日。

■第2戦 対クロアチア
クロアチアとは2度目の対戦。1度目は8年前、フランス大会の第2戦だったっけ。
あの時ももちろん見てたけど、あの時は一向に点が入る気配がなくて、
全く勝てる気がしなかった、という記憶がある。
打てども打てども入らないシュート。まず枠にすら飛ばないんだもん。
世界との差はまだまだ大きいんだなぁ、と思い知らされた試合だった。
今回は、その時と比べると日本は確実に成長してるな、と思わせた。
互角に試合をしていたし、川口がPKを止めたときには、運もこちらに味方してるしもしかして勝つかも!なんて期待も抱いた。
でも、後半、クロアチアにじゃなくて「暑さ」にやられたという感じ。
両チームとも足が止まって、凡ミスを多発。
終盤はどっちも点が入る気がしなかった。

これで、今回は終わったなぁ、と思った。
みんな一生懸命フォローしてるけど、正直もう無理でしょ。
後はジーコに裏から手を回してもらうくらいしか、方法ないもん。
(冗談です。)

CUEのみなさんも、いろんなところでいろんな人と観戦されたようで。

社長!いってらっしゃい。どんなに低くても、まぁ、可能性はゼロではないもんね。精一杯応援してきてください。

モリと安田さんは家族ぐるみで観戦されたのね。
さぞかし、盛り上がったことでしょう。

しげさんのDIARYの中身には賛同しかねますね、私は。
サッカーってそういうもんなのよ。
試合の時には誰もが監督のように話し、評論家のように分析して。
時には人が死ぬほどの興奮を巻き起こす、それがサッカーじゃない?
それだけ人を熱狂させるところがサッカーの凄さだし、
だからこそ選手はW杯に出るために日々努力し続けてるんでしょう。
選手は、「だったらお前がやってみろ。」なんて言わないと思うよ。
だったら、やりますって挙手したい選手だって、山のようにいるだろうし。
そういう中から選ばれた代表なんだもん、勝てば最高の賞賛が、負ければ嵐のような非難が、巻き起こるのは仕方のないこと。
しげはまだまだ子供だよぅ。(笑)
しかし、それがまたしげファンにとってはたまらない魅力なんだろうなぁ!
スポンサーサイト

コメント

神聖なるグランドとボールには敬意を。
でもそこでつば吐くんじゃ駄目ですねぇ.
いくら選手として素晴らしくても。

あぁ、私もお子様なのでしげの様に思ってしまったよ(笑)(というかしげの意見に賛成)
小学生レベルでいくと(お兄ちゃんのチームだと)文句を言われて(そこからして駄目なのだが.うちのチームは)
「おまえがやってみろ」と思う子はいます(笑)
でも確かに口にまでだして言わないけど
(母には言う^^;)
あっ、好きな人が好きなものだから
という理由にごちそうさまと...(笑)

学生のサッカーとプロのサッカーでは違うよね。
子供のサッカーだったら、もちろん文句なんか言っちゃダメだよ!
そんな子には、「じゃあ、お前がやってみろ!」って言っちゃってもいいと思うわ。
でも、W杯に出るような選手は大半がそれで生活してるプロなわけだから(アマチュアの選手ももちろんいるだろうけど、少なくとも日本代表はプロよね。)素人に「お前がやってみろ」なんて言っちゃおしまいだと思うわけ。
その辺が、しげちゃんはちょっと甘いかしら?と思ったのよね。

あ、でもあれでしょ?
ののさんも“好きな人”の意見だから素直に聞けたってところもあるんじゃない?(笑)
  • [2006/06/20 18:19]
  • URL |
  • ミヅチ>ののすけさま
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://johndolgo.blog52.fc2.com/tb.php/69-bfa800ec

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 続・心ノ琴線ニ触レルモノドモ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。